Step5合コン後のデート!次につなげるマル秘テク

女性のハートをわしづかみ!合コン後のモテメール3原則!

女性のハートをわしづかみするメールとは
女性のハートをわしづかみするモテメールで次のデートにつなげよう!

合コンで知り合った女性には、どんなメールを送っていますか?

送られてきたメールにはどんな意味が込められているのか、そもそも何を送ればいいのか、かなり気になりますよね。
男性は女性に比べて合コン後のテンションも高く、結論を急いでしまいがち。

それゆえ女性の「相手を観察する行動」にかなりヤキモキしているはずです。

合コン後のメールで女性の心理がどういう状態か、そしてそれをどう見分ければいいのかお教えします。

最初のメールは社交辞令とらえて、さらっと返信!

社交辞令メールも必ず返信
最初のメールはほとんどが社交辞令でも、返信があれば次のチャンスにつながります

これははっきりと言いますが、男女ともに最初のメールはほとんどが社交辞令です。
しかも、参加者全員にメールをしている可能性は高いです。むしろ社会人として、「あいさつ」をしている程度だと思いましょう。

男性は合コン時のテンションの高いまま、参加者全員に同じメールを送る傾向があります。

女性はというと冷静にメールを受信しています。
そして「楽しかったですね。またご飯でもいきましょう。」と、男性が予想しているよりテンションが低い返信になります。

ただし、あまり深読みしてはいけません。女性のこのような返信は、可能性が「ゼロ」ではない、ということです。

女性の心理としては「1回会っただけでは相手のことはわからない」です。ですが、「わかりたくない相手」には返信しません。
どんな内容であれ、きちんと返信があれば次につながるチャンス。女性は冷静に男性の言動をチェックしているのです。

気になる女性のメールには、少しのアレンジと、返信回数で差をつけよう!

返信の回数で差をつける
いきなり露骨なアピールはせず、さりげないアピールをしましょう

女性は誰からメールがきたという情報を交換しあってる可能性が大きいので、いきなり露骨なアピールはやめましょう。
他の人とちょっとだけ内容を変えるだけでいいです。そのかわり、返信の回数に差をつけましょう。

男性は「みんなに同じメールを送っているのがばれたらどうしよう」「本命にちゃんと本命だと伝わらないんじゃないか」などと思いがちですが、
女性のネットワークの中であれば、もう情報は共有されているわけですから、そういう考え自体が無駄です。逆に諦めてしまったほうがいいでしょう。

それよりも、特定の女性に少しずつメールの回数を増やしていき、返信の回数で差をつけていきましょう。

そうすれば相手は自身のネットワークから「他の子と違ったアプローチを受けている」のがわかってくるはずです。
上手くすれば、周りの女性が自然と応援してくれるかもしれません。

女性に深く考えさせない簡単な質問メールで、途切れさせない!

簡単な質問メール
女性に深く考えさせない、さわやかメールを目指しましょう

メールの返信を重ねると、「早く次のデートの誘いを!」となるのですが、ちょっと待って下さい。

女性の多くは相手がどんな人なのか、しっかり理解したいと思っています。
ですので、2回目のメールは「あなたをもっと知りたい」という内容がベストです。もちろんいきなりディープな話はダメです。

「好きな映画は?」「休みは何しているの?」と簡単な質問をしましょう。
「自分は○○だけど、どう?」というように、自分のことを話しながら聞いてみましょう。

セポイントは、簡単な質問で女性に深く考えさせないメールにすることです。
「返信は必要ないですよ。あなたにメールを送りたかっただけです!」というようなさわやかなメール内容が一番いいでしょう。

メールよりも会って話をした方が効率的と思わせたら勝ち!

ここまできたら、「メールでのやりとりが楽しい反面、会って話をした方が効率的」とお互い思っているはずです。
そして、少なくともあなたのアプローチが女性の心を揺さぶっているはず。

ですが、女性は慎重に相手を選ぶものです。
メールのやり取りを何度もしたからって「彼氏気どり」や、「相手が自分のことを好きなんじゃないか」という思い込みもやめましょう。

メールと同じように、今度は会ってからもメールと同じステップを踏むこと。
あなたの気持ちはもちろん出していいのですが、はやとちりだけはやめて、ゆっくりとお互いの距離を縮めていきましょう。

べる2つのプラン

CHOICE PLAN

合コンプラン

好みの条件で合コン相手がみつかる!

お相手から選ぶ

イベントプラン

一人参加OK。個性豊かな企画が満載!

企画から選ぶ