Step3合コン当日!楽しく盛り上がる方法

大事な合コンで遅刻!途中参加で、ついやってしまう3つのマイナス行動

ヤバイ!間に合わない…!今日は大事な合コンなのに…。
ヤバイ!間に合わない…!今日は大事な合コンなのに…。

今日は大事な合コンの日!にもかかわらず、まさかの残業で遅刻決定。途中参加の合コンは、ついつい焦って、空回りしちゃうこともよくありますね。

そこで今回は、「途中参加の合コンで、ついやってしまいがちな3つのマイナス行動」を紹介します。合コンを成功させるためにも、3つの事例を反面教師にしましょう。

NG行動1:初登場で長々と自己紹介する

自己紹介は、短く端的に!アピールタイムじゃないですよ!
自己紹介は、短く端的に!アピールタイムじゃないですよ!

遅刻して合コン会場に到着した時には、場がすでに盛り上がってしまっていて、非常に気まずい…。「何か面白いことを言わないといけない!」と気負ってしまう気持ちになるかもしれません。

でも、自己紹介でウケを狙って長々と話してしまうというのは、完全にNG行動です。聞いている異性に、「話を遮ったくせに面白くない。」と思わせてしまっては、その後の場づくりが大変になってしまいます。

だから、自己紹介は、短くすませましょう

「遅れてごめんなさい。○○と言います!26歳でIT系の仕事をしてます。今日はよろしく!」

このくらいで十分です。そして、すぐに飲み物を頼みましょう
そうすることで、異性は、「遅刻してきたけど、空気読める人なんだ!」と思い、好印象に映るかも。第一印象は大事です!特に気をつけましょう。

NG行動2:会話の流れを読まないで、話に加わりだす

会話の流れを読まずに話して、周りも思わず苦笑い…なんてことにならないように!
会話の流れを読まずに話して、周りも思わず苦笑い…なんてことにならないように!

登場が遅れると、会話についていけないことが多いと思います。もちろん、自分もその輪の中に入ってしゃべりたい気持ちになりますよね。
でも、ちょっと待って!もしすでに話したことを言ってしまったら、話を振り出しに戻し、場をしらけさせることに…。

【場をしらけさせる例】
A太「そう言えば、休みの日は何してるの?」
B子(それさっきも話したよ…。)

なんて、冷たい感じに…。
だから、一度様子を見るんです!会話の流れが分からなかったら、「どんな話してたの?」、「前に話してたらごめんね」など一言入れましょう。話を共有できたら、輪の中に入りやすくなります。

NG行動3:話に入れないから、一人で飲み食いし始める

一人でガツガツ飲み食いしていると、場の雰囲気を壊してしまうかも
一人でガツガツ飲み食いしていると、場の雰囲気を壊してしまうかも

合コンも中盤になると、お酒の力もあいまって、みんなおしゃべりに。でも、自分は遅れてきたし、今日アピールできなかった。そんな時は、一人でガツガツ飲み食いしたくなるかもしれません。しかし、それでは合コンの雰囲気を壊してしまうかも…。

場に入りにくい時こそ、「気が利くキャラ」になりましょう。お酒が少なくなった相手に「何か飲む?」と一声かけたり、食事を取り分けたりしながら、交流を増やしていきましょう。自然な気づかいができれば、だんだん打ち解けられると思いますよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「途中参加の合コンで、ついやってしまいがちな3つのマイナス行動」を紹介しました。

いろいろ書きましたが一言で言うと、遅刻してしまった場合は、「できあがった場の雰囲気を察知すること」が大事ということです。遅刻しても二次会や連絡先交換につなげれば問題はありませんよね

だから、自分のことばかり考えず、みんなで盛り上がるように心がけてみてください。

■日程もエリアも選べるから、スケジュールをしっかり立てれば遅刻の心配ナシ♪さっそくRushで合コン!
PCの方
スマートフォンの方