大人の恋愛マニュアル by Rush
大人の恋愛マニュアル by Rush
出会いに前向きな大人の男女に向けて、
「合コン」「恋活」「デート」「街コン」のためになる情報をお届け
年収700万円以上の男性との出会いは、現実的じゃない?

2019.04.15

年収700万円以上の男性との出会いは、現実的じゃない?

婚活・恋活中の女性にとって、男性の年収は気になるポイントですよね。
子どもも欲しいし、将来も不安だし、安定した生活を送るために年収700万円以上の男性と出会いたい…でも、これって欲張り?なんて、お相手に求める条件にお悩みの女性も多いでしょう。
そこで今回は、年収700万円の男性と婚活で出会うのは現実的なのか、などについてご紹介していきます。

年収700万円以上の男性の割合や職業について

年収700万円以上の男性の割合や職業について

年収の高い男性ってどれくらいいるの?

まずは、年収700万円以上の男性に関する情報を知るところからはじめましょう。国税庁「民間給与実態調査」をもとに、年収700万円以上の男性について調査を行いました。
 
年収700万円以上の男性の割合
国税庁「民間給与実態調査」によると、会社勤めの男性で年収700万円以上の人は全体のおよそ18%。
年収が高い男性は婚活・恋活せずとも交際相手を見つけやすいため、婚活市場に出てくる割合は18%より更に低いと考えられます。もしも婚活・恋活の場で年収700万円以上の男性に出会ったら、かなりレアな存在と考えていいでしょう。
 
年収700万円以上の男性の職業
高収入な業種は次の通りです。
1位「電気・ガス・熱供給・水道業」769万円
2位「金融業・保険業」626万円
3位「情報通信業」575万
インフラ系や、専門性の高い職種に高所得者が多いようです。もしも高収入な男性と結婚したいのであれば、会社経営者を狙って一発逆転ではなく、こういった職業の方が狙い目といえます。
この他にも、誰もが知っている大手商社やメーカーの男性であれば、年収700万円以上稼いでいるエリート男性の可能性が高いでしょう。
 
参照元:国税庁『民間給与実態調査』
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2016/pdf/001.pdf

婚活中の女性が求める年収の平均

婚活中の女性が求める年収の平均

あなたの理想年収は本当に現実的?

ライバルとなる婚活中の女性は、男性の年収についてどのような条件を希望しているのでしょうか?株式会社IBJが行ったアンケート結果によると、次のような結果が出ています。

300万円~399万円 2%
500万円~699万円 47%
700万円~899万円 34%
900万円~1000万円以上 11%
特になし 6%
 
9割以上の女性が年収500万円以上の男性を希望しているのが分かります。
つまり、高収入のハイステ男性は競争率がとっても高いのです。結婚相談所などの婚活市場に年収700万円の男性が現れたとしたら、女性が殺到してあっという間に成婚してしまうことでしょう。優れた容姿やステータスを持っている女性でなければ、この競争を勝ち抜くのはかなり難しいと考えられます。
「結婚相手は絶対に年収700万円以上の人じゃなきゃ嫌!」と考えているのであれば、婚活は苦戦して長期化してしまう可能性はかなり高いです。年収700万円以上の男性とカップリングするのは実際のところかなり厳しいので、他の条件を重視して婚活・恋活した方が現実的といえるでしょう。
 
参照元:株式会社IBJ『【調査レポート】理想の男性像を調査いたしました。』https://www.ibjapan.jp/information/2017/07/27-report.html

絶対に譲れない条件を整理してみよう!

絶対に譲れない条件を整理してみよう!

あなたが本当に求める条件とは?

年収以外で、絶対に譲れない条件をいくつ思い浮かべられますか?希望する条件があやふやなままだと、婚活・恋活はなかなかうまくいきません。
優先したい条件を整理してみることで、今後どのように婚活・恋活していけばいいか見えてくるはずです。異性に求める条件としては、以下のようなものが挙げられます。
 
年収、職業、容姿、性格、価値観、学歴、兄弟構成(長男・次男など)、居住地、婚姻歴
 
譲れない条件をピックアップして、その中で更に優先度が高い順にランク付けしてみるといいでしょう。そうすることにより、自分が異性に何を求めているかが分かり、今後の婚活・恋活の方針がしっかりと決められます。
明確な条件が分かったら、早速出会うために行動を起こしてみましょう!
手っ取り早く理想的なお相手を見つけたいなら、結婚相談所がおすすめです。結婚相談所に登録して活動すれば、お相手に関するこれらの項目を一気にチェックできますよ。ただし、結婚相談所は費用が高いのが難点です。気軽な恋活をしたい人には少し抵抗があるかもしれませんね。
次章からは、結婚相談所の利用はハードルが高いと感じる人向けに、譲れない条件別のおすすめ婚活・恋活方法をご紹介します。

「求める条件別」おすすめの出会い方

「求める条件別」おすすめの出会い方

理想の人と出会うには?

友だちの紹介
お相手の容姿や内面などを重視したいなら、お友達に紹介してもらうのがおすすめ。
容姿が優れている人は、友達の紹介や合コンなど、身内の繋がりから苦労せず恋愛へ発展させやすいため、婚活市場に現れにくい傾向にあります。また内面に関しても、共通のお友達がいることである程度の人柄が保証されます。共通の友達がひとりもいないよりは、最初から信頼できるというメリットがあります。
 
婚活パーティー、婚活サイト
年収や学歴などのステータスを重視するのであれば、効率よく理想的なステータスのお相手に出会える婚活サービスに参加するのがおすすめです。
婚活パーティーであれば、企画によって「年収600万円以上」などの条件が指定されているため、理想的な条件を兼ね備えた異性に絞って出会えます。最近では、ハイステ婚活パーティーや、業種交流パーティーなど、高収入男性を集めた企画も多いようです。また、婚活サイトは検索機能を使えば、年収や職業など会員の中から好みの人をピックアップできるので、好みの人にだけアプローチすることが可能です。
 
恋活アプリ
最近の恋活アプリの発展も見逃せません。婚活サイトのように年収や学歴などで検索をかけられるのはもちろん、容姿や内面も事前にチェックできるので、どんな条件でも対応できるのです。検索機能を駆使すれば、最短でお相手を見つけられるかもしれません。
例えば容姿なら、似ている芸能人や顔のタイプ診断などで好みの顔かを判断できます。更に、自己PRやメッセージ交換の文章で、お相手の人柄もある程度読み取ることが可能です。気軽に出会えるので、どの方法で出会えばいいか迷ったら恋活サイトから始めてみるといいでしょう。
 
 
 
いかがでしたか?「年収700万円以下はNG!」と出会いの選択肢を狭めず、できるだけ広い範囲の中から出会いを探した方が運命のお相手を見つけやすい事はお分かりいただけましたでしょうか?
年収などひとつの条件だけにこだわらず、ご自分がお相手に求める最優先の条件は何なのかを整理してみるのがおすすめです。そうすることで、婚活・恋活の方針が明確になり、自分に合った人と巡り合うことができるでしょう。
条件を設定してお相手を探す

関連記事